愛犬にうれションに困ってる?うれション対策と犬のしつけ方

愛犬のうれション対策と犬のしつけ方

飼い主さんの帰宅時に、大興奮してうれションしてしまう愛犬・・・。毎度のうれションで、大事な服にはシミをつけられるし、床はオシッコで汚れるしで困ってしまいますよね・・・。(ノω<;)

 

うれションしてしまうのは、興奮しやすい性格の犬だから?・・・そんな犬を落ち着かせるためには、スワレをさせるのがよいと言いますが、いつもできるはずのスワレができず、うれションを防ぎきれないことも多々あるのではないでしょうか。(´エ`;)

 

犬の立場からすると・・・・
【オシッコがたまっていた時に、たまたま大興奮してちびってしまった】・・・だけかもしれません。

 

つまり、うれションは、「オシッコが溜まっていた+大興奮」ことが原因なんです。(´エ`;)
この2つの原因を取り除いてあげれば、うれションは防げるんですね。ヽ(*^^*)ノ

 

うれションを防ぐには、なにより犬を興奮させない環境作りが最優先です。
それと同時に、飼い主さんの号令で排泄できるように、トイレのしつけを徹底しておくといいでしょう。

 

うれションしない環境作りができれば、
・大事な服を汚されなくて済む
・ちびったことに気づかず、オシッコを踏みつけることがなくなる
・お客さんが来ても、落ち着いて対応ができる

 

などのメリットも多いので、愛犬のうれションを上手にコントロールしていきましょう♪

 

愛犬のうれションを防ぐ方法・しつけ方

愛犬のうれションを防ぐには、犬をしつけるというよりも、
まず、飼い主さんが意識を変え、犬への接し方を改めることが重要です。

 

・犬が興奮して飛びついても無視する
・帰宅時、犬を見るなり「さびしかった?」などの声かけをしない
・興奮している時でも、スワレができるように練習する

 

また、うれションの根本的な原因は、オシッコが溜まっているからですが・・・。
飼い主さんの指示でトイレへ行き、すぐ排泄できるように訓練することも有効です。

 

「帰宅」⇒「無視で落ち着かせる」⇒「トイレへ誘導」 で、うれション対策は完璧ですね。ヽ(*^^*)ノ

 

ただし、主従関係が逆転しているとうまくいかないことも・・・。
飼い主さんがリーダーシップを発揮できていない場合は、基本のしつけから始めるのがおすすめです。

 

藤井聡の犬のしつけ法(ダメ犬脱出)

しつけ本の著書多数!NHK講座に出演のカリスマ訓練士によるしつけマニュアル
飼い主のリーダーシップが強化できる “3大しつけ法” を詳しく解説!
愛犬が喜ぶオヤツを使ったトレーニングで、無理なくしつけができる
家族みんなで見て学べる、丁寧で理解しやすいDVD構成♪(*´∇`*)
質問OKの専用メンバーサイトで、しつけの疑問が解決できる!