留守中の犬の無駄吠え、どうしたら直りますか?

留守中の犬の無駄吠え、どうしたら直りますか?

最近、ペット可マンションへ引越したのですが、飼い主の留守中、ずっと犬が吠えているようで、近所の人から「犬がうるさい」と苦情を言われてしまいました。犬の無駄吠えは、どうしたら直りますか?

 

 

飼い主さんが出かける際に、「行ってくるね!」「いい子で待っていてね!」など、犬への声かけをしていませんか?もししている場合には、すぐにやめてください。お出かけの合図で、「ひとりになるからね、これから寂しくなるよ!」と、飼い主さん自身が犬を不安にさせています。

 

犬は群れで暮らす動物ですから、飼い主と離れ離れになることで不安になり(=分離不安)、吠え続ける、室内のものを破壊する、トイレ以外の場所で粗相をするなどの問題が生じてきます。

 

この分離不安を改善するには、飼い主さんの外出を犬に悟らせないことが最善です。犬には一切言葉をかけず、黙ってそっと出かけるようにしましょう。いきなり長時間のお留守番からではなく、ちょっとそこまでという10分程度のお出かけから、犬を慣らしていくのがよいかと思います。帰宅時も「ただいま!」「いい子にしてた?」・・・なんて、お帰りの儀式をしないように!そっけなく帰宅することを心がけましょう。

 

もし、ワンちゃんをお部屋で自由にさせているなら、ケージ・サークルなどに入れることをおすすめします。「犬を狭い場所に閉じ込めたら可愛そう」・・・と考える飼い主さんもいらっしゃいますが、そんなことはありません。犬は、自分サイズの狭い空間がいちばん落ち着ける場所なんです。犬は祖先のオオカミの時代から、狭くて薄暗い横穴を生活の基点にしていました。

 

室内で飼っているから安全と思えても、犬にとっては、自分だけの安息の場所が必要です。ハウスに入る習慣がない犬は、まずハウスの練習からはじめてみてくださいね。